Cappasityとは

例をもっと見る

Cappasityの技術を知ってもらうために、なぜECがこのソリューションを必要としているのかを簡単にご紹介していきます。
イメージや、より詳細な内容に関しては英語公式ウェブサイトにてご確認ください。

なぜ3Dビューなのか?

消費者が商品を選ぶときに、90%以上の方が隅々まで形や大きさを確認したいと考えています。
その中でも64%の人々はVRを用いて実際の感覚で試してみたいと答えています。

商品に直感的に動かせて見られる3Dイメージがある場合は購入に至る率が高く、さらに返品や問い合わせを減少させることが出来ます。

3D画像は静的画像よりも、コンバージョン率を30%向上させることが証明されています。

始めるのは簡単です

一般的なデジタルカメラをお持ちの場合、それを用いてご自身で簡単に3Dビューを作成する事が出来ます。
特別な物は必要ありません。ほとんどの人がお持ちのスマートフォンでも、もちろんご利用出来ます。

必要なのは、ソフトウェアをダウンロードするPC、撮影に適した場所や背景、動画を撮影できる通常のカメラ、製品を回転させる電動ターンテーブルです。
手動で回すターンテーブルでも綺麗に撮影することが可能です。

Cappasityの独自技術により、個人でも十分にクオリティの高い3Dビューを撮影することが出来ます。

事業で使いたい場合など、それに応じた機材やプランで高品質のものを作成できます。
プロのカメラマンが欲しいけど自分で探すのは・・・というお客様にもこちらでスタジオやフォトグラファーをご紹介させていただきます。
(今後、Cappasity日本公式サイトでもご利用できるようになります。)

オンラインストアに3Dを埋め込む方法

サンプル3Dビューが米国公式ウェブサイトにありますので、ぜひ試してみてください。
使用方法はこちらをご覧ください。

埋め込み3Dビューを使用すると、誰でもブラウザからリアルなショッピングを体験できます。

訪問者があなたのサイトを離れずに探検できるように、ご自身のウェブサイトに置いてください。

定額制プラン(サブスクリプション※)

SMB※(個人や小規模な事業)でお使いいただける定額制料金プランをご用意しております。
無制限で使いたいという方は、この後で紹介するエンタープライズ様向けの無制限プランをご検討ください。
まずは登録するだけで無料のプランが使えるので試してみましょう。

プラン詳細

各プラン詳細
※ご紹介する価格は、日本公式サイトの紹介による割引(10%)適用後の価格です。

無料プラン(月額$0.00)

  • 3D画像30個まで
  • ストレージ: 0.5Gb
  • トラフィック: 2Gb
  • ズーム: SDズーム

LITEプラン(月額$13.49)

  • 定価$14.99
  • 3D画像100個まで
  • ストレージ: 2Gb
  • トラフィック: 4Gb
  • ズーム: SD Zoom
  • プライベート3D画像保管

BASICプラン(月額$31.49)

  • 定価$34.99
  • 3D画像300個まで
  • ストレージ: 5Gbトラフィック: 10Gb
  • ズーム: SD Zoom
  • プライベート&非公開3D画像保管
  • Cappasityのロゴ&テキスト非表示

PROプラン(月額$89.99)

  • 定価$99.99
  • 500個の3D画像
  • ストレージ: 20Gb
  • トラフィック: 40Gb
  • ズーム: HD Zoom
  • プライベート&非公開3D画像保管
  • Cappasityのロゴ&テキスト非表示
  • 自動回転
  • 写真のエクスポート
  • より高度な画像編集機能

エンタープライズ様向けの無制限プラン

複雑でより大量の電子商取引プロジェクトではエンタープライズプランを提供しています。

こちらのプランでは無制限の3D画像保管、無制限のトラフィック※、詳細な3D解析、Cappasity REST API※、SKUソリューション※によるカタログ同期、
およびカスタマイズされたプレミアムCDN※ソリューション、固定価格またはSKU単位。
ECサイトで多くの商品を出品したい方や、事業主&企業様にはこちらをお勧めします。

Cappasityの3D画像化ソリューションは、競合他社と比較して約10倍の速度で動作し、一日に数千SKUの生産が可能です。

コンテンツ利用料・支払いに関して

Cappasityでは現在、ペイパルおよび我が社のユーティリティトークンであるCAPPを使用してお支払いをしていただくことが出来ます。

現在、CAPPトークンを取引所を利用することなく支払いに利用できるシステムを開発中です。
さらにこれはブロックチェーン技術とイーサリアムのスマートコントラクトを用いて、著作権保護を目的としたエコシステムにも組み込まれます。
2018年中の実装を目標としています。

詳細はWPや他の記事をご参照ください。また、お気軽に日本語で本コミュニティにお問い合わせください。

用語解説

  • SMB
    Small and Medium Businessの略。中小・中堅企業を意味する。
  • サブスクリプション
    ソフトウェアの利用形態のひとつ。ソフトウェアを買い取るのではなく、ソフトを借りて、利用した期間に応じて料金を支払う方式。
  • エンタープライズ
    大企業、中堅企業、公的機関などの比較的規模の大きな法人に向けた市場や製品のことを指し示す言葉。
  • トラフィック
    通信回線上で一定時間内に転送されるデータ量の意味。
  • CDN
    Contents Delivery Networkの略語。
    高度に分散されたサーバープラットフォームで、ウェブアプリケーションやストリーミングメディアなどのコンテンツを配信するために最適化されている。
  • REST API
    Webシステムを外部から利用するためのプログラムの呼び出し規約(API)の種類の一つで、RESTと呼ばれる設計原則に従って策定されたもの。
  • SKU
    Stock Keeping Unitの略語。受発注・在庫管理を行うときの、最小の管理単位を言う。
  • ソリューション
    IT用語としては、企業がビジネスやサービスについて抱えている問題や不便を解消すること、および、そのために提供される情報システムなどを指す。
  • iFrame
    HTML文書の中に別のHTML文書を埋め込むもの。 iFrameを使うことでウェブページ上に、別のソースからのコンテンツをパーツとして挿入することができる。
  • ブラウジング
    情報を閲覧すること。特にブラウザを使用してウェブページを閲覧すること。